二重整形の申し込み【納得いくまでカウンセリングを重ねる】

二重にできる治療法

二重整形の手術はそれほど難しくなく、メスや医療用の糸を使った治療を受ければ短時間で変えられます。クリニックを使う時は最初にカウンセリングを受けて、自分に合ったものを選び支払いをすれば整形手術ができます。

看護師

華やかさアップ

二重整形をすることでいつもの暗い印象を変えて明るい印象となる場合があります。費用面でも比較的リーズナブルに設定しているクリニックも多く、メイク感覚で挑戦する事が出来ます。二重の方法もいくつかありますので、よく相談して決めていきます。

目

大きな目を手に入れよう

二重整形には埋没法と切開法があって、埋没法の方がより手軽で安価に利用することが出来る方法です。埋没法は効果が永久的に持続しないのですが、二重整形に特化した糸などの開発で持続期間は長くなるようになってきています。

自分の将来を変える

カウンセリング

自信を持って輝くために

カラコンやつけまつげは女子に人気のアイテムで「つけると可愛くなれる」「別人のように変われる」という声もよく聞かれます。こうした人気はずばり“目が大きく見える”というところにあるといえるでしょう。目が大きい人というのは若々しく魅力的に見えるものです、とくに現代の日本では一重よりも二重のほうがカワイイ・キレイといわれる傾向にあるため、目を大きく見せたいと思う人も多くいます。カラコンやつけまつげに限らず、まぶたに糊やテープを貼って二重のラインを作る方法や、アイシャドウをグラデーション状に塗って黒目を大きくみせる方法も広く知られているでしょう。しかし、これらには一時的な効果しかなく、入浴や洗顔などでとれてしまうというデメリットがあります。そのため、いつでも変わらない二重、そして大きな目を維持するために二重整形を利用する人が多いのです。比較的料金の安い埋没法であれば、両目の二重整形にかかる費用はおよそ5万円から10万円前後です。切開法であっても10万円から20万円前後が相場と言われており、半永久的に二重を手に入れられる値段としては安価と言っても過言ではないでしょう。メイクやコスメを使って目を大きく見せたり、一時的に二重をつくったりするのは簡単ですが、毎日となると時間もお金もかかるものです。長い目で見れば二重整形のほうが費用・時間の面から見てもメリットが多いといえるかもしれません。さらにカラコンや糊でつくった二重は周囲に“作ったデカ目”とみられる可能性もありますが、整形で作った二重は自然で、周囲には“素顔も美人”と見てもらえるというのも良さかもしれません。一般的な美容整形外科クリニックで二重整形を利用する場合、まずは診察・カウンセリングを受けるために予約をとることから始めます。予約のとり方はクリニックによってまちまちで、電話やネット予約、メールでの申込みなどは主流といえるでしょう。予約をとったら担当医師と話し合い「どのような二重を作りたいのか」や「かけられる予算額」などによって、二重整形の方法を決めます。この後は実際に整形をした後のシミュレーションをすることになるでしょう。PCのモデリングを使って、3D画像で二重整形後の顔を確認することもあれば、医師が瞼に癖付けをしてそれを鏡で確認する方法もあります。自分が「この二重が良い」「この顔に整形してほしい」と思えるまでは何度かシミュレーションを繰り返すのが一般的で、納得いくまでカウンセリングを重ねることが重要です。ちなみに、美容整形外科クリニックの中には人気医師やカリスマと呼ばれる医師もおり、こうした医師に施術を依頼する場合には施術までの時間が長くかかることもあります。予約が埋まっていたり、新規の患者募集を行っていなかったりすることも珍しくないため、担当医師への希望がある場合には申込みまでの時間がやや長くなるかも知れないと考えておいたほうがベターです。気軽に受けられるようになった二重整形ですが、申し込むときには不安や心配をする人も多く、当然といえるでしょう。ホームページに整形の申し込みフォームだけでなく、質問ができるチャットシステムや掲示板などを用意している所もあります。予約申込前にはこうしたサービスを利用するのもよいかもしれません。